瀧川鯉斗の身長とプロフィールや経歴「イケメン落語家の波乱万丈の人生」

2 min
瀧川鯉斗のイケメン落語家
スポンサーリンク

モデル並みのルックスを持っているイケメン落語家として注目されている瀧川こいと。たきがわこいとさんはイケメンでありながら高身長でもあります。暴走族「天白スペクター」の総長からの落語家への転身、瀧川こいとさんの波乱万丈の人生について紹介します。

瀧川鯉斗と浅田真央は本当に付き合っている?「番組の演出の可能性」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

瀧川鯉斗の身長はいくつ?モデルとしての価値

モデル並みのルックスを持ち高身長でスタイルもいい瀧川こいとの身長はいくつか調査しました。

182cm

男性モデルの場合必要な身長は185cmと言われていますが、瀧川鯉斗は182cmと少しだけ低いのですが、誤差程度と言えます。落語家+イケメンというブランディングがありますので、モデルとしても十分価値がある人物です。

瀧川鯉斗のインスタは「イケメン落語家の素顔」かっこいい画像いっぱい

スポンサーリンク

たきがわ こいとのプロフィールは?

  • 名前:瀧川鯉斗(たきがわ こいと)
  • 本名:小口 直也(おぐち なおや)
  • 生年月日:1984年1月25日 (36歳)
  • 出身地:愛知県名古屋市
  • 職業:落語家
  • 師匠:瀧川鯉昇
  • 所属:落語芸術協会
  • 家族構成:独身
スポンサーリンク

瀧川こいとの経歴

  • 1984年、東京都生まれ
  • 中学時代、サッカー愛知県代表監督からスカウトされ、キーパーとして県代表チームのトレーニングにも参加
  • 13歳から暴走族に入る
  • 高校に進学するも、上級生と喧嘩して即日退学
  • 暴走族「天白スペクター」名古屋支部の12代目の総長になる
  • 18歳で暴走族を卒業後、2002年上京
  • アルバイトをしていたお店で瀧川鯉昇の落語独演会が一目で落語に惹きつけられ、打ち上げの席で弟子入りを直訴し、入門を認められ前座となる。
  • 2005年TBSドラマ『タイガー&ドラゴン』に出演
  • 2005年 – 瀧川鯉昇に入門、鯉斗となる
  • 2009年 – 二つ目に昇進
  • 2019年5月 – 真打に昇進。名古屋市出身の落語家としては、三遊亭圓丈以来41年ぶりの真打。

暴走族から落語家への転身という事で、波乱万丈な人生です。
真打に昇進し落語家としてもこれからが期待できる逸材なので頑張っていただきたいですね。

瀧川鯉斗のエピソード!窃盗告白「過去の犯罪は話のネタ」昔の犯罪自慢

スポンサーリンク

瀧川鯉斗の天白スペクターだった時

瀧川鯉斗の天白スペクターだった時の写真がTwitterにあがっていたので紹介します。

師匠の瀧川鯉昇さんから入門に当たって「瀧川一門絶対の掟、盗み・暴力は一発破門」という2つの約束を言い渡されています。現在も続けていると言うことは、かたくなに守り続けているということです。一般的な社会人としては常識といえるのかもしれませんが、元暴走族という肩書きは色眼鏡で見られてしまいます。約18年でトラブルを起こしていないのも確かなので、今後も続けて欲しいですね。

スポンサーリンク

瀧川鯉斗の話題

瀧川鯉斗のエピソード!窃盗告白「過去の犯罪は話のネタ」昔の犯罪自慢
瀧川鯉斗の田中みな実とのエピソード「みな実さんのハートはヘドロ」
瀧川鯉斗と浅田真央は本当に付き合っている?「番組の演出の可能性」

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です