竹内裕子の家にマスコミが張り付き近隣住民大迷惑、遺族の意思は無視

1 min
スポンサーリンク

竹内結子さんのが住んでいた自宅マンション付近にマスコミが殺到して、近隣住民が迷惑しています。
竹内結子さんのマンションの入口や付近には、数多くの週刊誌、新聞、テレビ局の取材班が殺到し、「ニュースとして映える映像と声」を得ようとしていたという。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

竹内裕子の家にマスコミが張り付いている様子

報道が出た直後はもっといたそうですが、
今でもいっぱい集まってますね、狭い道に常時この人数がいるとなると近隣住民としては迷惑ですね。

芸能人の他界は大変ショックで大きな出来事だけど、
「ニュースとして映える映像と声」
を撮るために遺族を追い掛け回すような真似は視聴者は求めていません。

どういった、映像や声が撮れることを望んでいるんでしょうね・・・

スポンサーリンク

自死遺族としてはそっとしておいて欲しい

人が亡くなることは生きていれば誰しも経験することだが、今回は「みずから命を絶った可能性」が高いとされており、残された遺族の悲しみは計り知れない。あまりにも非道で鬼畜すぎるマスコミの取材に対し多くの人たちが怒りの声をあげており、問題視されている。竹内結子さんのファンだという女性(40代)は「人の死を踏みにじる行為は絶対に許さない」と激怒していた。

竹内結子さんが亡くなってしまって一番悲しみが深いのは家族だった、夫と子供たち。
特に14歳の中学生の子は多感な年ごろなのに母親がいなくなってしまい、
報道陣は自宅前に張り付いているのが影響がでないわけはありません。

しかも、事故とか事件ではなく自死となると、
他の死因以上に精神的に追い詰められてしまいます。
自死遺族としては「そっとしておいて欲しい」というのが本音だと思います。

マスコミにはその辺りも考慮していただきたいと思います。

スポンサーリンク
カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です