ふたご座流星群2020時間はいつ?方角は?

2 min
双子座流星群
スポンサーリンク

流星群は老人も若者も男も女も皆んなが楽しめるイベントです。
2020年最後の流星群、ふたご座流星群が12月に見ることができます。
しかも、かなりの好条件で見ることができるので見逃したら損ですよ!
ふたご座流星群が見える方角や時間、ピークやおすすめスポットも調査しました。

この記事でわかること
  • ふたご座流星群2020が見える方角がわかる
  • ふたご座流星群2020が見える時間がわかる
  • ふたご座流星群2020が見える極大、ピーク時間がわかる
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ふたご座流星群2020が見える方角は?

ふたご座流星群が見える方角はどの方角?気になりますよね、調査しました。

結論:(光のない方なら)どの方角でもいい

流星の出現位置という意味では「どの方角でもいい」
今回、双子座流星群が見れる日は新月なので月明りもなく非常に好条件
あえてゆうなら市街地や強い光のない方角を見ましょう。

スポンサーリンク

ふたご座流星群2020が見える時間は?

ふたご座流星群が見える時間は?見える時間も調査しました。

  • (第一候補)12月13日23時頃~14日日の出(日本時)
  • (第二候補)12月14日日没後~15日日の出(日本時)

2020/12/13か2020/12/14の夜が見えやすい時間になります。
天気予報をみて晴れていそうな方を選ぶといいでしょう。

スポンサーリンク

ふたご座流星群2020が見える極大、ピーク時間は?

極大とは流星群自体の活動が最も活発になること、またはそのピーク時間
ただ、見える流星の数には、流星群自体の活動の活発さだけでなく、その場所での放射点の高度や月明かりなども影響します。そのため、極大の日時と、それぞれの場所で多くの流星が見える日時とは、必ずしも一致しません。

極大、ピーク時間:12月14日 10時頃

見れるのは14日未明と15日未明になりますが、今回は拘らない方が綺麗に見れる可能性が高いです。

スポンサーリンク

ふたご座流星群2020が見る時の注意ポイント

経験上あったら便利なもの、注意すべきことを紹介

寒さ対策グッズ

寒い、12月の夜中なのでかなり冷え込みます。
場所によっては風が強かったり、水辺の近くだったりと寒いです。
暖房対策をきちんとして望みましょう。
防寒グッズにおすすめなのが、

暗闇対策

基本的に暗いところに行くの明かりを照らす物があれば、役に立ちます。
足下が見えないと危ないし、光がないと不安です。
光のないところの方が星は見やすいです。
小型懐中電灯:LUMINTOP Tool AA 2.0

スマホのライトでいいじゃないと思いがちですが、充電なくなりますよ。
そんな人におすすめ、丈夫なバッテリー

ふたご流星群は1時間で30個以上の流星を見れる可能性がある人気がある流星群です。
家族やカップル、友人と楽しむのでいいですし、一人でも見ても楽しめるイベントです。
万全の準備をしてふたご流星群を楽しみましょう。

スポンサーリンク
カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です